今でも根強い人気

人件費を低減させる

宣伝

今でも需要が伸び続けているダイレクトメールですが、その手法や制作の工程はインターネット時代に入り大きく変化しています。かつては手作業でダイレクトメールを作成するのが基本でした。一つ一つ丁寧に封筒に封入していく作業は、パートやアルバイトなどを雇用して行っていました。しかし、今ではダイレクトメールを事務所や企業を介して送付されることはほとんどありません。印刷会社が直接郵送するのが仕組みになっているのです。インターネット印刷のビジネスが飛躍的に拡大して、この需要を伸ばしているのには発送のメカニズムを加えている事になるのです。ダイレクトメールの印刷の受注だけでは、顧客満足度の増進にはつながりません。発送業務を追加することで、企業側のメリットを高めることができるようになるのです。さらにネットでこの受注を可能にすることにより、ダイレクトメールを発送するにあたっての企業側の工数を大幅に削減することが可能になっているのです。紙媒体の発送物の需要が低下した要因の多くは、これに関わる人件費が発生することが最も大きい要因となっています。そのため、ネット印刷など、人件費をかけずにビジネスを行う事ができるようになったことで、その需要は再び回復するようになったのです。手元に残るダイレクトメールの信頼性は非常に高く、今後も継続して利用される見込みになっています。企業側と顧客にとって、双方にメリットがあることがポイントなのです。

信頼性の高い代行業者を

印刷機

企業が顧客に対して行う営業活動にもいろいろな種類がある中で、チラシなどの印刷物を郵送するダイレクトメールは古くから利用されてきたマーケティング手法です。最近ではインターネットを介した営業手法が発達しており、顧客に対する企業の働きかけも電子化が進んでいます。その一方で視覚的効果の高さや情報量の豊富さなど、顧客が直接手に取って読める印刷物ならではの宣伝効果は現在でも大きな強みです。ダイレクトメールには通常のハガキに広告を印刷するタイプや圧着ハガキを利用するタイプの他、いろいろなサイズの封筒に独自の印刷物を封入するスタイルがあります。ダイレクトメールを作成して顧客に郵送するには、宛名印刷や印刷物の封入作業など多くの手間がかかるものです。多数の顧客を抱える企業ではそうした作業が大きな負担となるため、ダイレクトメール発送の代行業者を利用しています。ダイレクトメール発送代行にかかる料金は注文する枚数やサイズ、印刷・封入作業によっても変わってくるものです。それらの料金には業者ごとに違いも見られ、枚数が数万単位以上なら機械を使って封入作業を行っている業者の方が発送費用が安く上がります。手作業で封入を行っている業者も含め、ダイレクトメールの発送枚数が多いほど1枚当たりの単価は安くなるのが一般的です。封入作業にかかる料金に加え、封筒への印字やラベル発行・貼り付け作業と発送に関わる作業それぞれに1枚当たりの単価が設定されています。インターネットでそうした料金体系を公開している代行業者を比較検討すれば、ダイレクトメール発送に費やすコストを少しでも安くできます。一方でダイレクトメール発送の際には顧客の個人情報を扱うことになるため、代行業者の信頼性も料金に劣らず重要な選定ポイントです。事前にインターネットで代行業者の評判を検索し、評価の高い業者の中から料金の安いプランを選ぶようにするといいでしょう。

送り方の種類

印刷機

宣伝方法として広く認知されているダイレクトメールですが、種類は様々なものがあり、ハガキや手紙のものからカタログや資料本形式のものまで、いろいろな種類を企業や会社が使い分けています。また顧客の種類によってもダイレクトメールを使い分けることが多く、新規客やリピーター、お得意様とそれぞれ別の種類のダイレクトメールを送ったりもします。そんなダイレクトメールを発送する際にはある程度の費用がかかります。この費用は発送方法などによって大きく変化します。メール便でダイレクトメールを送る場合は運送業者が請け負ってくれることが多く、カタログや商品のパンフレットなどといった大きいものを送りたい場合に適しています。一般的な相場としては200gまでが110円程度、500gまでが160円程度、1000gまでが290円程度、2000gまでが290円程度、3000gまでが440円程度となります。ダイレクトメールを郵送する場合はハガキや手紙などといった形式が適しています。送るメールの量によって割引なども行っているので、気になる方は確認してみましょう。またダイレクトメールは発送代行のサービスを行っている会社も多く存在します。こういった発送代行サービスは発送だけに対応しているのではなくメールのデザインや印刷、袋とじなども行ってくれるので、顧客によりよいものを届けたいと考える場合は利用するのも一つの手です。ほかには電子メールとしてダイレクトメールを送る方法などもあります。

宣伝媒体として優れるDM

ポスティング

ポストカード型のダイレクトメールは、コンパクトで安価、受け手も手に取って読みやすいことから、一般的に広く利用されています。折り畳みタイプはコンパクトのまま、情報をより多く掲載できるのが特徴です。封筒型は、大きめのチラシなども入れることが可能なため、より印象的なダイレクトメールにできます。

もっと読む

今でも根強い人気

宣伝

ダイレクトメールの需要はインターネット時代に入ってもすたれることはなく増進しているのです。この理由は、ネット印刷ビジネスにおける発送をセットにしたサービスパッケージがもたらしています。これにより人件費をかけずに行う事ができます。

もっと読む

DMの選び方や基準

インク

DMリストは、ポスティングするための戦略的手段にもなります。そのため、販促物の内容やポスティングエリア、ポスティング後の効果などを情報として留めておくとよいでしょう。そうすることで、次にDM作成やポスティングをする時の参考材料となります。

もっと読む