顧客へのアプローチ方法

ターゲットはどこにあるか

はがき

会社が不特定多数に向けて商品やサービスを案内する場合に多く利用されるのが「ダイレクトメール(DM)」である。DMを送付するに当たって、いくら不特定多数といっても、どのような顧客をターゲットにするのかを考えないことには時間もコストも無駄になってしまう可能性が高い。そこで利用されるのが「DMリスト」である。ターゲット顧客は明確な方がよい。性別・年齢・居住地など様々な切り口から選択することが重要である。ターゲットが決まると、DMリストの作成である。新規顧客に対する場合には公開情報を利用したり、リスト業者から購入するという方法がある。既存顧客に対しても、DMでの案内は重要だ。しばらく利用されていない顧客に対してのアピールにもなるであろう。DMを送った後に電話をかけたり、訪問するなどして次の利用に繋げることができる。DMリストも自社にある情報からターゲットを絞って作成できるので、比較的容易である。DMリストを作成するメリットは、メンテナンスを行うことで送付先もさらに絞れて無駄がなくなることである。例えば、住所不明でDMが届かなかったらリストから除外するということも必要だ。また、顧客からの反応を受けて顧客情報を更新することもできる。どのような製品に興味があるのか、何を求めているのかということなどは重要な情報だ。それによってDMリストの内容を更新することもできるのである。このようにDMという存在は重要である。しかし、「送りっぱなし」では最大のメリットは享受できない。送ったあとに顧客にフォローするという行程は絶対に忘れてはならない。

よく使われる手法

はがき

企業が自社の商品や技術を色々な人に知ってもらうためには、様々なマーケティングをする努力が必要になります。そんな企業や会社が行うマーケティングとしてよく名前が上がりやすいのがDMです。DMとはダイレクトメールの略称で企業が個人や見込み客に自社の商品の資料やカタログを郵送する営業の方法のことです。これを行うことにより、メールを使った電子マーケティングよりもより直接的に広告のメッセージを送り、伝えることができます。DMは電子メールに比べてコストはかかりますが、宣伝効果が高い手法です。こういった直接的な営業手法をダイレクトマーケティングといいますが、DMを利用してうまくダイレクトマーケティングを成功させるにはDMリストを作っておく必要があります。DMリストとはDMを送る相手をリスト化したもので、このDMリストは主に内部リストと外部リストに分かれます。内部リストは自社で持ち合わせている顧客や見込み顧客のリストのことで、契約や発注などが行われたときに発生する顧客情報を主としています。外部リストは名簿販売業者が所有するリストや商品に同梱されるサービスを送る相手のリストのことで、こちらは内部リストと違い、送る相手が自社のことを認知していません。これらのDMリストを使うことでDMが円滑に行えるようになります。またDMにかかる費用は地域やデザイン、印刷物によって変わりますが定型ハガキ一通につき約60円といった値段が一般的な相場です。

インターネットの時代でも

宣伝

新規顧客を獲得するためやキャンペーンの告知のためにDMリストを元にDMを送るときは、メールマガジンやメールではなく、ハガキやレターがおすすめです。多くのお店や企業では、さまざまな手段で獲得したDMリストを元にメールマガジンやメールを送ります。DMリストには、すでに顧客となっている人、顧客ではないけれども将来顧客になってくれそうな人、全くお店の情報や企業の製品を知らない人たちなどから成り立っていて、これらの人たちに向けてDMを送ります。今はインターネットの時代なので、メールマガジンやメールでDMを送ります。が、しかしメールマガジンやメールでDMを送付しても意外と宣伝や告知にまで至らないことは多いのです。その理由は、クリック1つでメールマガジンやメールは開封できるのですが、それが面倒だと感じる人は意外と多いのです。また、たくさん送られてくるメールマガジンやメールのDMを全てクリックして開封して、丁寧に読む人は少ないものです。そこで、ここでわざわざハガキやレターでDMを送る意味がでてくるのです。ハガキなら、開封する必要もなく受け取ったらすぐに情報を読めます。圧着ハガキなら、表の情報に興味を持ってもらえれば開けてもらえます。開封もシールを剥がすだけなので、開封するのも簡単手間なしです。そしてレターは、開封する手間はかかるものの、大量の情報を詰め込むことができますし、レターのDMを請求する人はかなり興味を持っている人たちです。多くの場合、開封して中身を読んでもらえる率は高いでしょう。せっかく集めたDMリストを元にDMを送るのですから、相手の印象に残る物を送りましょう。

宣伝媒体として優れるDM

ポスティング

ポストカード型のダイレクトメールは、コンパクトで安価、受け手も手に取って読みやすいことから、一般的に広く利用されています。折り畳みタイプはコンパクトのまま、情報をより多く掲載できるのが特徴です。封筒型は、大きめのチラシなども入れることが可能なため、より印象的なダイレクトメールにできます。

もっと読む

今でも根強い人気

宣伝

ダイレクトメールの需要はインターネット時代に入ってもすたれることはなく増進しているのです。この理由は、ネット印刷ビジネスにおける発送をセットにしたサービスパッケージがもたらしています。これにより人件費をかけずに行う事ができます。

もっと読む

DMの選び方や基準

インク

DMリストは、ポスティングするための戦略的手段にもなります。そのため、販促物の内容やポスティングエリア、ポスティング後の効果などを情報として留めておくとよいでしょう。そうすることで、次にDM作成やポスティングをする時の参考材料となります。

もっと読む